CalendarBOX ホームページやケータイでつかえるカレンダーが簡単に作れます!!無料版もあり!
Callender New Release!!
home
TOP > 利用規約

プライバシーポリシー

第1章  総則

第1条 はじめに

1.「カレンダーボックス」(以下「本サービス」とする)とは、株式会社ヴィセント(以下「運営者」とする)が提供する、カレンダーボックス(http://www.calendarbox.net/、以下「本サイト」とする)から利用可能なWEBサイトまたは携帯サイトで表示するカレンダー機能および予約システムの総称です。
2. 本サービスの利用規約及び本サービスのガイドライン(以下「本サービス利用規約等」とする)は、本サービスを利用する際の利用者の一切の行為に適用されます。なお、本サービスを提供するサイト上において、本サービス利用規約等以外に適用される利用条件若しくは規約が定められている場合(本サイト上に記載する諸注意を含みます)、これらの各利用条件、規約等は、その名称にかかわらず本サービス利用規約等の一部を構成するものとします。
3. 本サービス利用規約等は、本サービスの利用条件を定めるものです。利用者は、本サービス利用規約等に従い、本サービスを利用するものとします。
4. 利用者は、本サービスを利用することにより、本サービス利用規約等の全ての記載内容について同意したものとみなされます。
5. 運営者は、運営者の判断により、本サービス利用規約等をいつでも任意の理由で変更することができるものとします。変更後の本サービス利用規約等は、運営者が別途定める場合を除いて、本サイト上に表示した時点より効力を生じるものとし、利用者は、本利用規約等の変更の効力が生じた後に本サービスを利用することにより、変更後の本利用規約等の全ての記載内容に同意したものとみなされます。
6. 本規約とは別に運営者が個別サービスに関して定める利用規約及び諸規定(以下、「個別規定」)は、それぞれ本規約の一部を構成するものとします。
7. 本サービスの利用規約と本サービスのガイドラインの内容、または個別が矛盾する場合には、当該部分に関しては本サービスのガイドライン規定が優先するものとします。

第2条 定義
本サービス利用規約等において使用する用語の意義は、以下に定めるとおりです。
1. 利用者とは、運営者が本サービスの利用を承諾した者をいいます。
2. 顧客とは、利用者が本サービスを利用して情報提供を行う対象をいいます。

第3条 本サービスの内容等
1. 本サービスは顧客に対する店舗営業状況および店舗稼働状況の告知や予約を目的に利用できます。
2. 運営者は、利用者に対して新サービスの告知、サービス運営上の事務連絡、その他情報の提供を行います。ただし、利用者が情報の提供を希望しない旨を、事前または事後に運営者に通知した場合は、運営者は本サービスに必要な場合を除いて、情報の提供を行わないものとします。
3. 本サービスの具体的な利用方法については、運営者が別途定める本サービスのガイドライン及び管理画面マニュアルのとおりとします。

第2章  契約
第4条 利用申込み条件
本サービスに利用申込みできるのは、日本に在住し、本サービス利用規約等の内容に同意した上で、運営者所定の方法により、利用者登録申込を行った者に限ります。

第5条 運営者による利用申込み審査
1. 利用希望者が利用者申請を行うと、運営者による利用希望者についての所定の審査が行われるものとします。
2. 審査を経て運営者が利用を承諾することによって利用希望者は利用者となります。
3. 審査結果の通知は、運営者所定の方法で行うものとします。なお、審査結果について、利用希望者及び利用者は異議を申し立てないものとし、運営者は審査結果についての理由を説明する義務を負わないものとします。
4. 運営者は、以下のいずれかに該当する場合は、運営者の判断によって、利用申込みを承諾しないことがあります。
(1) 利用希望者が、第4条に規定の方法によらずに利用申込みを行った場合
(2) 利用希望者が、過去に本サービス利用規約等に違反したことがある場合
(3) その他運営者が不適切と判断した場合

第6条 契約の成立
運営者と利用者間の利用契約は、第5条第3項に基づき運営者が利用申込みについて承諾した旨の審査結果の通知を発信した時点において成立するものとします。

第7条 利用者の名称等の変更
1. 利用者は以下のいずれかに変更があったときは、そのことを速やかに運営者に届け出るものとします。
(1) 氏名または名称
(2) 住所または居所
(3) 運営者に届け出た決済手段の利用
(4) 連絡先電話番号、登録メールアドレス
2. 前項の届け出があった場合、運営者は利用者に対してその届け出のあった事実を証明する書類の提出をお願いする場合があります。

第9条 利用者の地位の承継
1. 利用者は、運営者の事前の承諾を得ない限り、利用契約上の利用者の地位並びに一切の権利及び義務を第三者に譲渡することができないものとします。
2. 利用者である法人が合併または会社分割により利用者の地位の承継があった場合には、利用者はその旨ただちに運営者に書面で通知するものとします。運営者が承継を承諾しない場合、運営者はその通知受領後14日以内に、当該承継法人に書面により通知をして利用契約を解除することができるものとします。運営者が解除しなかった場合、承継した法人は利用契約に基づく一切の債務を継承するものとします。

第10条 利用者による解約
利用者が利用契約の解約を希望する場合には、本サービス用のタグを対象ホームページから除いた上で、運営者所定の方法により、運営者に解約の申出を行うものとします。

第11条 運営者による解約
運営者は2週間以上前に利用者に通知することによって、利用契約を解約できるものとします。

第12条 強制解約
1. 第11条の規定にかかわらず、運営者は、利用者が以下に掲げるいずれかに該当する場合には、運営者の判断によって、いつでも強制的に利用契約を解約することができるものとします。
(1) 第4条に規定の方法によらずに参加の申込を行ったことが明らかとなった場合
(2) 利用者の責に帰すべき事由により運営者または第三者に損害を与えた場合
(3) 利用者への本サービスの提供を継続することが、運営者または第三者の利益または信用を阻害するおそれがあると運営者が判断した場合
(4) 本サービス利用規約等に違反すると運営者が判断した場合
(5) 利用料金の支払いがなされない場合
(6) 支払停止または破産、民事再生手続開始、会社更生開始もしくは特別清算開始の申立があった場合
(7) 運営者からの連絡に適切に対応しなかった場合
(8) その他運営者が不適切と判断した場合

第3章  利用者の責務
第13条 利用環境の整備
利用者は、本サービスを利用するために必要なあらゆる機器、ソフトウェア、通信手段を自己の責任と費用において、適切に整備するものとします。
利用者は自己の利用環境に応じて、コンピューター・ウィルスの感染の防止、不正アクセスの防止及び情報漏洩の防止等のセキュリティ対策を講じるものとします。

第14条 登録メールアドレスおよびパスワードの管理
1. 利用者は、自己の管理に属する使用可能なメールアドレスを本サービスの登録メールアドレスとして登録しなければならず、当該登録メールアドレスが自己の管理に属さなくなったときまたは使用可能でなくなったときには、自己の管理に属する使用可能な別のメールアドレスに変更しなければならないものとします。
2. 利用者は、本サービスの登録メールアドレス及びパスワードの不正利用の防止に努めるとともに、その管理について一切の責任を持つものとし、本サービスの登録メールアドレスやパスワードが第三者に利用された場合でも、運営者はこれを当該利用者の利用とみなすことができるものとします。
3. 本サービスの登録メールアドレスやパスワードが第三者に利用されたことによって利用者に生じた損害等につきましては、運営者に故意または重過失がある場合を除き、運営者はいかなる責任も負いません。

第15条 利用者の責任
1. 利用者は、利用者自身の自己責任において本サービスを利用するものとし、その行為及び結果について一切の責任を負います。
2. 運営者が問い合わせ等を受けたことに関して運営者に損害(弁護士費用を含む)が生じた場合には、利用者は当該損害を賠償するものとします。
3. 利用者は、暴力団等反社会的勢力と一切の関係が無く、名目を問わず一切の取引を行うものでないこと、及びそれらに関係する者を役員に選任し、または従業員として雇用などしていないことを保証するものとします。

第16条 禁止事項
1. 本サービスを利用するにあたり、下記に該当する行為を禁止いたします。
・日本国の憲法ならびに法令に反する行為
・第三者に損失または損害を与える行為
・公序良俗に反する行為またはそのおそれのある行為
・犯罪行為、または犯罪を幇助する行為
・本サービスの運営を妨げる行為
・本サービスの利用で知り得た運営者および、第三者の機密情報を漏えいする行為
・事実に反する情報を提供する行為
・第三者または運営者の知的財産権、その他の権利を侵害する行為
・本サービスを使用する権利を譲渡、転売、あるいはその使用を許諾する行為および、リース、担保設定等を行う行為
・不特定多数、無作為に勧誘もしくは案内のメール送信をする行為
2. 利用者が前項の禁止事項に反する行為を行った場合は、その行為にかかわる一切の損害および、責任を利用者が負うものとし、運営者は一切の責任を負いません。

第17条 運営者の講じる措置
1. 運営者は、利用者が適切に本サービスを利用しているか、本サービス利用規約等に違反する行為や不正がないかを監視することができるものとします。
2. 運営者は、前項の監視業務により、本サービス利用規約等に違反する行為を行なっているまたは行なっているおそれが高いと判断した利用者に対して、利用者への事前の通知を行うことなく本サービスを停止することまたは第12条に基づく利用規約を解約することがあります。
3. 前項の場合において、運営者に損害が発生していた場合は、運営者は当該利用者に対して、当該損害の賠償を請求できるものとします。
4. 本条の監視業務は、運営者の裁量により任意で行なわれるものであって、いかなる意味においても、運営者の義務を構成するものと解釈されないものとします。

第4章  料金等
第18条 料金等
1. 本サービスの利用料金は、本サイトに定める料金のとおりとします。

第19条 料金等の支払い義務
1. 利用者は第18条の料金を支払う義務を負います
2. 第6条、第12条、第17条の規定により、利用契約の期間中は本サービスの提供があったものとして、利用者は第18条に基づき料金を支払うものとします。また運営者は既に支払われた本サービスの料金等を一切払い戻す義務を負わないものとします。

第20条 集金代行の委託
利用者は、本サービスの利用料金の入金案内業務及び集金業務を、第三者へ委託することを、予め承諾するものとします。

第5章  権利関係
第21条 権利関係
運営者が提供する本サービス及びそれに付随する情報等については、運営者に権利が帰属します。

第22条 権利譲渡の禁止
利用者は、運営者の事前の書面による承諾がある場合を除き、本サービス及び本サービス利用規約等によって生じる権利義務の全部または一部を第三者に譲渡し、または担保に供することはできません。

第6章  免責事項等
第23条 本サービスの変更等
運営者は、運営者の都合により、本サービスをいつでも任意の理由で追加、変更、中断、終了することができます。

第24条 免責事項
1. 本サービスの利用は、利用者自身の責任において行うものとし、運営者は、本サイト及び本サービスに関し、明示又は黙示を問わず、その内容(真偽、正確性、完全性、有用性、適合性、第三者の権利を侵害していないことを含みますが、これらに限られないものとします)、本サービスの利用が利用者に必要な事項を満たすこと、提供の状態、アクセスの可能性、使用の状態については、一切保証しないものとし、本サイトの利用若しくは利用できなかったこと、本サービスを通じた取引、その他本サービスの利用に関連する事項に起因又は関連して生じた一切の損害について、運営者は、運営者に重過失がある場合を除き、一切責任を負うものではありません。
2. 運営者は、利用者の通信や活動に関与しません。万一、本サービスもしくは本サービス利用規約等に関連して、利用者間、利用者と顧客または利用者と第三者との間で紛争があった場合でも、利用者はその責任と費用においてこれを解決するものとし、運営者に負担をかけないものとします。
3. 運営者は、本サービスの内容の追加、変更、中断、終了によって生じたいかなる損害についても、一切の責任を負いません。アクセス過多その他予期せぬ要因で障害等が生じた場合も同様とします。
4. 運営者は、次に掲げる場合には、利用者の情報を閲覧したり、保存したり、第三者に開示すること(以下、本項において「閲覧等」といいます)ができるものとします。運営者は、それによって生じたいかなる損害についても、一切の責任を負いません。
(1) 利用者が閲覧等に同意した場合。
(2) 本サービスの技術的不具合の原因を解明し、解消するため必要な場合。
(3) 裁判所や警察などの公的機関から、法令に基づく要請・照会を受けた場合。
(4) 本サービス利用規約等に違反する行為またはそのおそれのある行為が行われ、内容を確認する必要が生じたと運営者が判断した場合。
(5) 人の生命、身体及び財産などに差し迫った危険があり、緊急の必要性があると運営者が判断した場合。
(6) その他本サービスを適切に運営するために必要が生じた場合。
5. 運営者は、本サービス利用規約等に違反する行為またはそのおそれのある行為が行われたと信じるに足りる相当な理由があると判断した場合には、当該行為を行った利用者に対して、運営者が必要と考える措置(デジタルコンテンツの監視及び課金の停止を含みますが、これに限られません)をとる場合がありますが、それによって生じたいかなる損害についても、一切の責任を負いません。

第7章  雑則
第25条 個人情報の取り扱い
1. 運営者は、本サービスの利用申込み及びご利用にあたって、利用希望者又は利用者 から個人情報(法人名、登記簿記載の本店所在地、代表者名、代表者役職名、 担当者住所、担当者名、担当者役職名、電話番号、FAX番号、Eメールアドレス、銀行口座番号、クレジットカード番号等)を取得することがあります。
2. 運営者は、前項に基づき取得した個人情報を、下記の利用目的および取得の際に示した利用目的の範囲内で業務の遂行上必要な限りにおいて、利用します。
(1) 利用者および利用希望者への連絡、商品・サービスの案内等のため
(2) 利用者に利用料金を請求するため
(3) 本サービスの改善や新サービスの開発等に役立てるため
(4) 本サービスの利用規約に違反する態様でのご利用を防止するため
(5) 本サービスに関して、個人を識別できない形式に加工した統計データを作成 するため
3. 運営者は、利用規約の履行に際し知り得た利用者の情報を第三者に提供しません。
4. 取得した個人情報は、外部に委託することがあります。この場合、個人情報保護水準の高い委託先を選定し、個人情報の適正管理・機密保持についての契約を交わし、適切な管理を実施させます。
5.取得した個人情報について、開示等(利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除、利用の停止または消去、第三者への提供の停止)のご請求があった場合、下記窓口にて遅滞なく対応いたします。
6.個人情報のご登録は任意です。但し、必須項目を登録いただけなかった場合には、上記の目的が達成できないことがあります。
7.当社はクッキー(Cookie)等、ご本人様の認識が困難な方法によって個人情報を取得することはありません。
<個人情報保護に関する苦情・相談・お問い合わせ先>
株式会社ヴィセント 個人情報相談窓口責任者:個人情報保護管理責任者 森 宛
(月曜日~金曜日の10時~17時。ただし祝日・年末年始・ゴールデンウィークは除く)
電話番号:03-6206-9076 電子メールアドレス:info@vicent.co.jp

第26条 完全合意
本サービス利用規約等及びこれに基づく利用契約は、利用者と運営者との間の完全なる法的な合意を構成するものとし、本サービスに関して利用者と運営者との間における従前の合意に完全に取って代わるものとします。

第27条 分離
利用者は、運営者が、本サービス利用規約等に記載される(又は適用法に基づき自らが利益を有する)法律上の権利又は救済措置を行使せず又は執行しなかった場合についても、自らの権利を正式に放棄したとみなされないこと、及び、かかる権利又は救済措置は、運営者により引続き利用可能であることについて同意します。

第28条 準拠法及び管轄裁判所
本サービス利用規約等及び運営者と利用者間の利用契約の準拠法は、日本法とします。
本サービス利用規約等又は利用契約に関して、利用者と運営者の間で疑義又は争いが生じた場合には、誠意をもって協議することとしますが、それでもなお解決しない場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

附則
本サービスの利用規約は平成22年7月14日から施行します。